Rain Spangles Airship

Webライターみちだあこのライターノウハウや雑記

銀座に住んでいようとも金のない日々

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

スポンサーリンク

上京してから銀座で過ごした日数はかなり長い。
それでも育児もあって、いわゆる銀座らしい銀座の遊びをしたことがない。
そういうと、「もったいない」などと言われる。

銀座に遊び慣れた人は、高級店に入り新作のワンピースを買い、そして千疋屋パーラーや和光でお茶をする。
もっと遊び慣れた人は、隠れ家的なワインバーのカウンターで静かに本を読みながら酒を嗜む。
観光客ならば、デパートが並ぶ中央通りを歩き、スターバックスやドトールで一息つく。

まず、高級店に入ったことがない。
同じ町内には世界トップクラスのブランドショップがあるが、一度も入ったことはない。
用事がないからだ。
用事がないのに入ってくるなといわんばかりに、入り口に黒服が立っているではないか。
あれは威嚇だ。私はその威嚇に屈したのだ。別に悔しくはない。

子供がまだ小さかったので、子供お断りの飲食店にも入ることはできなかった。
ちょっといいイタリアンの店を見つけても、入る前にネットで検索すれば子供お断りの注意書きがある。
だから、気軽に入れるデニーズやタリーズが居心地がいい。
スターバックスよりもタリーズがいい。
ベビーカーをテーブルにつけて甘いハニーカフェラテを飲んでいると、店員がニコニコとやってきて
「お子さんは牛乳大丈夫ですか」と聞いてきた。
アレルギーいっさいないですよ、と答えるとお名前付きのミルクを持ってきてくれた。

古い画像だがよく残っていたものだ。

それから私はもっぱらタリーズ派閥の人間になっている。
ドトールのケーキはうまいが、タリーズは店員の質がいい。

銀座に慣れていない人からは「銀座はなんか怖い」とも言われる。
治安が悪いことを言っているわけではなくて、その高級なセレブリティな雰囲気に圧倒されるのだそうだ。

私は金はないが、騒がしい新宿や渋谷よりも銀座にいると落ち着く。
金はないが。

スポンサーリンク

金はないと言っているのに、銀座に住んでいるというだけで金を持っているというイメージがつくらしい。
久しぶりにあった大阪時代のバイトの後輩に飲みに誘われたことがあった。
見た目は元モー娘。の飯田圭織によく似ており、かなり可愛い。
かなり可愛いが、当時からかなり性格は歪んでいた。
けれど可愛いから私は許していた。

「明日さ、毛皮のセールやんだ。見るだけでいいからぜひ来てよ」
といって、飯田圭織似の後輩は煙草に火をつけた。
私は「どうしようかな」と曖昧に返事しながら、後輩のおごりのコーヒーをすすっていた。

家に帰ってからも強引な勧誘があり、なんやかんやとその毛皮セール会場へ連れて行かれた。
会場内を見て、綺麗な女性とおしゃれとはいえない男性が机を挟んでなにやら話し込んでいるブースが並んでいた。

あ、これ、デート商法やんけ。

そう思って帰ろうとするが飯田圭織似の後輩もノルマ達成のせいで必死だ。

「二度と着られないような高級毛皮ばっかりだよ。記念に着ていって」

断ろうとしたが、なにせ顔が可愛い。
言われるがままに毛皮のコートを羽織るが、私は毛皮は大して好きじゃない。
どこからか社長みたいなうさんくさい男性も現れて
「いいよお、素敵だよ」と褒めちぎってくる。
褒められるのは悪くはないが、なにせ私は毛皮が好きではない。

正直、いくら真冬の銀座でも毛皮のコートを着ているのは八丁目付近の高級クラブのママぐらいである。

レアポケモンよりもレアなのだ。

「これを逃したら二度と手に入らないから、安いし」
そういうので値札をみると70万と書いている。
私の安いはユニクロのセール品のことを言うんだがな。

で、帰ろうとすると社長とおぼしき男と後輩二人で説得を始める。
そのとき言われたのが「銀座に住んでるんなら余裕あるんじゃない」だった。

ねえええええええええええええええよおおおおおおおおおおおおおおおお

デート商法会場の中心で私は叫んだ。

ねえよ、あったらもっと銀座楽しんでるよ。
見ろよ、今日の服装。
ユニクロだよ。
あほか。

「私、いま借金あるんで無理ですね」

嘘をでっちあげてとりあえず帰った。
帰り際、飯田圭織似の後輩は顔を膨らまして明らかにご機嫌斜めだった。
くそ、むかつく。でも可愛い。
可愛いが、連絡先から飯田圭織似の後輩の連絡先は消した。

スポンサーリンク

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

The following two tabs change content below.
みちだあこ

みちだあこ

シングルマザーでフリーのライター・編集者しています。 これからの目標は「取材件数を増やすこと」。取材してもいいよって方はお問い合わせからお知らせください。オカルト大好き。
東京銀座

みちだあこ みちだあこ • 2018年3月14日


Previous Post

Next Post

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *