Rain Spangles Airship

Webライターみちだあこのライターノウハウや雑記

手をつなぐ

本当はLGBTQQなんてどうでもいいと思ってたバイのような人間でした

Pocket

スポンサーリンク

世間ではLGBTとか、いやLGBTQQだよとか、そういう性的マイノリティーな話題がブームとなっている。
みちだからすると、特に今ブームというわけではなく、ずっと前から身近にあったことなのだ。

最近まではちょっと斜に構えて

「LGBTQQとか名前ついたけど、そういう活動はちょっとなあ」

なんて思っていた。
活動を否定しているわけではなく、みちだにそういう役割はないと思っていたのだ。
できる人が活動したらいい。

みちだなんて活動したって、頭からっぽなの晒すだけじゃん、なんて。

名前をつけることで余計に壁を作っているんじゃ

そもそも、性の種類をいくつも分けると、それこそ他者との差別化をしているようなもの、と思っていた。
自分はゲイだ、バイセクシャルだということで、「ストレートとは違う」と自ら壁を作っているんじゃなかろうかと。

でも、そうじゃなかった。
性的マイノリティーな人たちは、新しい概念の性が一般的に浸透して欲しいだけだった。
男、女、の二極化だけでなく、ゲイ、レズビアン、バイセクシャル、トランスジェンダー、クィア、アセクシャルなどなど、多様性を社会的に認めて欲しかっただけだった。

「理解してほしい」とは違って、「もっと自由に生きたい」という気持ちだった。

これはなにも性的マイノリティーの人たちだけじゃない。
様々な病気、または病気、または人種、または地域、いろんな人が思うことだろう。

「僕ゲイなんで女性の裸みても勃ちませんよー」と普通に言いたいだけだった。

そこで返ってくる言葉が

「俺を好きになるなよww」じゃなくて

「あ、そーなの」とか「好きな男性のタイプってどんなん」とかそういうのだった。

公共の場で同性愛の話がタブーにされるのではなくて
普通の異性愛と同じようにコイバナをしたいだけだった。

もっと当事者の方たちの話をたくさん聞かないといけない

みちだは昔から女の子も好きだし、男の子も好きだった。
男の子に憧れて股間のテントや背が高くがっしりした体躯が羨ましかったし、と思えば女の子っぽい可愛いものも大好きだった。
好きなときに好きな性別になれたらいいのに、と、ずっと思っていた。

男友達と話していると「男と話してるみたい」と言われることも多かった。

けど、恋愛する機会は圧倒的に男性のほうが多かった。
なんでだろうな、男性との恋愛はいつもうまくいかない。

女の子も好きだけど、結婚して子どもを生むなら男性と結婚するんだろうと思って男性と結婚した。
やっぱり、うまくいかなかった。

※性的マイノリティーの問題より性格の問題もあると思うが

好みのタイプなら、異性関係なく好きになるし、性的興奮も起こる。
※最近は若いときみたいに(*´Д`)ハァハァいうことも減ったけど

男性との恋愛はもういいや!(・∀・)ってなったときに、たまたま今の奥さんと出会った。
※奥さんと言ってるが、まだ恋人です

スポンサーリンク

一目惚れというより、少しずつ少しずつ、惹かれていった。
この人となら、仲良く楽しく安心して歩いていけるかなと思った。
この人を産んでくれてありがとう!とご両親に叫びたかったし、出会えたキッカケを与えてくれたとあるアニメもありがとう!だった。

あんまり性別は気にしてなくて、普通に暮らせたらいいや、と思っていた。

そんな感じなので、あまり性的マイノリティーで悩んだことがなかったために、ちょっと軽く考えていたのかもしれない。
性的マイノリティーの方たちの統計によると、自殺率が高いという。
つまり、それだけみんな、すごい悩んで苦しんでいる。
中にはみちだのように、ノホホンと過ごしている人もいるだろうが、すごく少ないんじゃないだろうか。

それを知った時、もっと当事者たちの声を聞きたいと思った。

みちだもこれから、本気で恋人との未来を考えないといけない。
そうなると、今までノホホンと暮らしてきたツケが回ってきて、いろんな障害にぶち当たる。気がする。
すでに、公共住宅に当選したのに、一緒に住めないという問題に直面している。

他人ごととは思わず、もっと話を聞きたいと思った。

今はブームだが、ブームで終わらせたくはない

これはGoogle トレンドで調べた「LGBT」というキーワードの検索率だ。

LGBTの検索キーワードのグラフ

見ての通り、どんどん検索率が上がっている。
それだけ注目度が高くなってきているということだ。

ブームで怖いのが、ブームが大きいほど反発も大きくなること。
この世界にはどうしてもLGBTQQを受け入れられないホモフォビアという人たちがいる。
「フォビア」というのは簡単に言うと「恐怖症」ということだ。
先端恐怖症や、高所恐怖症のようなもので、理性ではどうにもならない本能的にそれが苦手で仕方ないという人たちだ。
それはときとして病的なまでにヒステリックになり、相手を攻撃する。
※恐怖症というのは怖がるだけではない、嫌悪感という意味でもある

そういう人たちに「理解」を求めることは、逆効果になる。

その人たちに求めたいのは、「気持ち悪いと思っててもいいからほっといて」だ。
心のなかで思っても、それを口に出したり、身体で表現するのはやめてほしい。
それが差別をしないということだ。

※身内に存在すると、ほっとくだけでは済まないだろう
※他人なんだから、ほっといてよ!ってこと
※身内に関しては慎重にならざるを得ない

ただ、みちだは他にもいろいろと抱えているものがあるので、どれを最後まで背負っていくか。
それを見極めることも重要だったりする。

※DVやモラハラ被害、発達障害など、どこまで活動をすればいいのか迷っている。

ただ言えるのは、今のブームだけで終わるのではなく、そういうものが普通になればいいと願うのみ。

スポンサーリンク

Pocket

The following two tabs change content below.
みちだあこ

みちだあこ

シングルマザーでフリーのライター・編集者しています。 これからの目標は「取材件数を増やすこと」。取材してもいいよって方はお問い合わせからお知らせください。オカルト大好き。
LGBT

みちだあこ みちだあこ • 2015年8月27日


Previous Post

Next Post

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>