Rain Spangles Airship

Webライターみちだあこのライターノウハウや雑記

遊具からのぞく子どもの手

シングルマザーの仕事探しにマザーズハローワークをおすすめしたい

Pocket

スポンサーリンク

シングルマザー歴1年とちょっとのWebライターみちだあこです。

シングルマザーになったとき、どこで仕事を見つけたらいいのか悩みますね。
タウンワーク?
エン・ジャパン?
ハローワーク?

みちだはマザーズハローワークをおすすめしたい!

今回はシングルマザーがマザーズハローワークで仕事を見つけるメリットとデメリットをご紹介します。

マザーズハローワークとハローワークの違いって?

もちろん、ハローワークでもシングルマザーが働きやすい職場を見つけることはできます。
しかし、マザーズハローワークはその名の通り、子どもを持つ母親が「仕事を見つけやすい」場所になっています。

マザーズハローワーク登録者しか閲覧できない求人票がある

基本的に、ハローワークに登録してある求人票はマザーズハローワークでも閲覧することができます。
その場合、シングルマザーにかぎらず、男性から女性、独身既婚者など幅広い求職者が対象です。
つまり、そのぶん、ライバルも多い。

一方、マザーズハローワークにはマザーズハローワークに登録した人しか閲覧できない「母親向けの求人」が存在します。
マザーズハローワークに登録した企業は、もちろん「子どもがいる母親」前提で求人票を出していますから、ハローワークのみに登録している企業よりも育児しながら働く女性に対して理解があるといえます。
※それでも理解のない企業もあるようです。
※なんで登録したんでしょうね、謎。

相談中に子どもを見てくれる保育士さんが常駐している

ハローワークにしろ、民間の人材派遣会社に行くにしろ、子どもの相手をしながらアドバイザーと相談しなければなりません。
仕事を始めていない場合、保育園にも預けられませんし、近所に支援者がいない限りは子どもを連れていかないといけませんね。

もっとゆっくり相談したい!
子どもが途中で飽きて暴れだした

などなど、特に小さな子どもは遊ぶことがお仕事。じっとはしてくれません。

マザーズハローワークの場合、チャイルドコーナーがあり、そこには保育士さんが居ますので相談中もゆっくりとアドバイザーと話ができます。
※みちだの次男坊もチャイルドコーナーで遊んでもらっていました。
※折り紙で折った動物ももらったり・・・
※そして相談が終わっても「帰りたくない」というほどに
※チャイルドコーナーは託児ではなく、危ないことしないか見てくれるという認識でお願いします。

また、セミナー中は託児をしてくれるので、気軽に参加できます。
※事務系に就職したいならPC系のセミナー受けるといいですね。
※みちだは受ける前に仕事見つかりました。

託児所あり、残業なしなど、子育てに優しい条件で探しやすい

他の人材派遣会社にはないシステムもあります。

たとえば、託児所あり、残業なし、フレックスタイム制、のような条件で仕事を探せます。
残業なし、は他の人材派遣にもあるかもしれませんが、マザーズハローワークに登録している企業だけに、より残業ができないことへ理解をしてくれています。

就職が不安な人は職業相談コーナーを利用しよう

マザーズハローワークに登録すると、自宅のPCからでも求人票を見ることはできます。
しかし、少しでも仕事に対する不安があるならば、ぜひ職業相談コーナーを利用してみてください。

事前に予約は必要となりますが、いろんな不安を取り除いてくれます。

例えば以下の様なことです。

職務経歴書に書くことがない・・・

みちだもそうでした。学歴なし、資格なし、職務経歴書に何を書けばいいんだぁー!!

アドバイザーの方が、みちだの経歴を絞り出してくれました。

  • PC経験はある、むしろ得意
  • Word、Excel、Photoshopは普通に使える
  • 接客経験が長い

また、職務経歴書の書き方も丁寧にレクチャーしてくれます。
みちだは早めに職を見つけなくてはいけなかったので、まずは履歴書だけで面接可能な企業を探してもらい、面接をこなしながら職務経歴書を作成するというハードスケジュールでした。

スポンサーリンク

DVやモラハラで消失した自信を取り戻してくれる

DVやモラハラを長年受け続けると、自己尊重がなくなり、
「私のいいところってなんだろう」
「私なんかが本当に働けるのか」
と思ってしまいます。
これは仕方なのないことです。このように洗脳させられるのですから。

アドバイザーの方と話していると、「あなたはこういうこともできる!大丈夫」という言葉をもらいます。
「あなたなら、大丈夫よ。話していてわかる。絶対に就職できる」

みちだは「またまたぁ」なんて謙遜してましたが、やはり実際にプロから言われると嬉しいものです。
自分は大丈夫、面接がんばろうと前向きになれます。

電話に苦手な人にこそ職業相談コーナーへ

みちだは大の電話嫌いです。
人の顔が見えない状態で話をするということが苦手なんです。
なぜなら、少し人の言葉が耳で聞き取りづらいからです。
特に難聴というわけではないのですが、耳から聞いた言葉をすぐに脳内で言葉として変換してくれず、ときに雑音として処理されるからです。
※診断があったわけじゃないですが、経験上そういうことが多発しているということです。

少し前までは、読解力がなくアホなせいだから。と思い込んでいました。
そうではなく、おそらく耳で聞くことが苦手なんだろうとわかると、思い当たるふしがたくさん出てきたのです。
※だからといって甘えるのではなく、それでも人の話を聞けるように努力しています。

でも、人の顔を見ながら口元や表情を観察していると、聞き逃しても話を続けられます。
しかし、電話ではそうはいきません。
聞き逃すと、「お電話遠いようです」と言い訳しながら二度、三度聞き返します。

それで相手に怒られることもあったので、電話に出ることが苦手になってしまいました。

マザーズハローワークの職業相談コーナーで電話が苦手だとは言いませんでしたが、電話嫌いでもすんなり面接までこぎつけます。
それは、アドバイザーが積極的に企業に連絡をいれて面接をとってくれたからです。
「書類送らなくても面接いけますか、はい、じゃあこの日に面接お願いします」
と、ぱっと電話をしてくれます。
※これは本当にありがたかった。

みちだが就職したときも、アドバイザーが電話をしてくれました。

ダメだったらまた転職してもいいんだという気持ち

みちだがマザーズハローワークに駆け込んだときは、もうシングルマザーデビューをしていたので、とにかく職を見つけることが最優先でした。
貯金も底をつきかけ、いよいよ区役所の母子福祉資金貸付にたよるべきかとも悩んでいました。

それでも、ちゃんと働けるか。
ブラック企業だったらどうしよう。

という不安はあったんです。

アドバイザーはこう言いました。
「シングルマザーの人でも働きながら、転職活動もしてるわよ。だからとりあえず良さそうな企業に入って、それからまた身の振り方を考えてもいいのよ」

みちだはこの一言で迷いを吹っ切りました。
金銭面や人間関係でストレスを抱えてしまうかもしれません。
せっかくシングルマザーになってストレスから解放もされたのに、前と同じぐらい苦労をするのもなーと。
シングルマザーでも人並みの幸せはほしい。
※シングルマザーだからといって苦労しなければいけない理由などない!

どうしてもダメなら転職しよう。そうしよう。

人生はよほどのことがない限り、命あるかぎりは何度でもやり直せると思っています。
やり直せるというのは、何度もチャレンジできるということです。

なにより、どんな嫌な企業でも「殴られることはない」
※男性ならたまに聞きますが・・・

就職に不安があるシングルマザーほど、マザーズハローワークをおすすめします。

そういえば、デメリットを考えたのですが、いまのところ見つかりませんでした。
なんだろう。
もし、デメリットがありましたら、教えてくださいませ。
※そういう情報はありがたいのです!

スポンサーリンク

Pocket

The following two tabs change content below.
みちだあこ

みちだあこ

シングルマザーでフリーのライター・編集者しています。 これからの目標は「取材件数を増やすこと」。取材してもいいよって方はお問い合わせからお知らせください。オカルト大好き。
シングルマザーマザーズハローワーク仕事

みちだあこ みちだあこ • 2015年8月24日


Previous Post

Next Post

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>