Rain Spangles Airship

Webライターみちだあこのライターノウハウや雑記

20150821

未経験WebライターのためのWebライティング本

Pocket

スポンサーリンク

みちだあこ氏の本が技術評論社から出たようだ。

「僕がこの本でやりたかったのことは、Webメディアとペーパーメディアをつなぐ、ということなのであります。」

この本を監修した大橋博之氏がツイッターでこう発言していた。
たしかに、紙は紙、WebはWebと切り離して考えている人は多い。

テレビ、本、Web、それぞれの役割は違うのだろうか。
それぞれ共存する道はないのだろうか。

などと言いながら、みちだが参加した書籍が8月25日に発売されます。

Webライティングの本はあってもWebライター入門書の本がない

実は、みちだはWebライターよりも先に、Webエディターの仕事からはじまった。
そのため、校正や編集のためにWebライティングの書籍を読みあさったものだ。

しかし、たくさんのWebライターの方と接してみてわかったことがある。
みんな、Webライティングの基礎がわからない。そして、どこで学んでいいのかわからない。

すでに発売されているWebライティングの書籍はどれもプロ向け。
企業に勤めて、ガンガンWeb担当ですよ!って人が読む本ばかり。

まったくの初心者が参考にできる本がない。

ネットになら、いくらか初心者向けの情報は掲載されている。
が! みちだのような紙好きのライターはどうしても本で学びたくなる。
何かを学ぶとき、Web上の文章よりも、書籍のほうが頭に残りやすいという報告もある。

そして、Webで何かを学ぶとき、すでに知っているキーワードを検索ボックスに入力して、特定の情報だけを学ぶことになる。
書籍の場合、自分の知らない範囲の情報も知識として蓄えることができる。

ね? 本って素晴らしい(書籍厨の妄言)

紙とWebではライティング方法が違うってのはマジ

紙でバリバリやってきたライターが、いざWeb向けのライティングをやっても、読者にとってもGoogleやYahoo!のクローラーにとっても効果的ではないことが多い。

どんなに高尚なことが書かれていても、Webライティング、つまりWebに適したライティングをしない限りは誰にも読まれないことが多々ある。

※メディアが大手なら読まれることもあるだろうけれど!!

せっかくだから、少しでもWebのお作法にのっとって書いたほうが、読まれる確率が上がるよって話だ。
webライティングの本ボツ画像
奥さんに「下に資料を置く意味がわからない」と言われてボツになったアイキャッチ

基礎をマスターしないと応用できない

この本に書かれていることはWebライターの基礎の基礎だ。
勉強でも、絵画にしても基礎を素通りはできない。

スポンサーリンク

特にWebライターはメディアによって、様々な能力が求められることがある。
基礎ができていないと、柔軟な対応もできなくなる。

実際に、ウェディング系のクライアント向けのコンテンツをWebライターに発注したのだが、レギュレーションを無視した原稿があがってきた。
理由を聞くと「レギュレーションは読みました。けれど自分はこういう書き方しかできません」と言う。

副業でもプロでも、Webライターはクライアントありきの職業だ。
クライアントに合わせたライティングをしなければならない。

それが「できない」のであれば、自分でブログを作ってアフィでも貼っておいた方がいい。

※うっ、盛大なブーメランが突き刺さったようだ・・・

Webライターが活躍する8サイトのインタビューが掲載

本書には、Web業界で有名な8サイトを運営する方たちのインタビューも掲載されている。
それぞれの運営サイトで、どのようなWebライターが求められているのか、これを読むと多種多様であることがわかる。

Webライターは紙のライターと同じように、いろんなクライアント案件を同時にいくつもこなさないといけない。
お小遣い程度であったなら、ひとつのサイトだけ絞って原稿を書くこともできるかもしれないが、ずっとそこで書き続けられるとは限らない。
つまり、長く続けたいならば、いろんなサイトに適応できなければいけない。

文章力を向上させるためだけなら、とにかく書きまくるしかない。
しかし、紙とは違い、10代の頃に習った文章技術が通用しないのもWebの特色だろう。

※日本の学校では、型にはめた書き方を習わないせいもある。

http://berd.benesse.jp/berd/center/open/berd/backnumber/2006_06/fea_watanabe_04.html

なんかいろいろ言ったけど小難しいものじゃないから読んでね

初心者向けなので、本当に読みやすい構成になっている。
そのため、デザインもフォントも、どうしたら教科書っぽくならないか。どうしたら、読みやすくなるのかを、すごく考えられて作っている。

これからWebでライティングをはじめようとする人。
Webライターとしてやっているが、いまいち方向性が掴めない人。
初心に戻りたい人。

ぜひ、手にとって欲しい一冊。

というステマ。

↓みちだなんかに金やらねえよって人は、直でアマゾンや楽天から購入してね。

まあ、ちょっとぐらいなら支援してやんよって人はこちらからどうぞ~

スポンサーリンク

Pocket

The following two tabs change content below.
みちだあこ

みちだあこ

シングルマザーでフリーのライター・編集者しています。 これからの目標は「取材件数を増やすこと」。取材してもいいよって方はお問い合わせからお知らせください。オカルト大好き。
Webライティングライティング読書感想

みちだあこ みちだあこ • 2015年8月22日


Previous Post

Next Post

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>