Rain Spangles Airship

Webライターみちだあこのライターノウハウや雑記

カメラをかまえる子ども

初心者ライターが取材するとき一眼レフじゃなくてスマホでもいいの?

Pocket

スポンサーリンク

ライターでも撮影しないといけないの?

ライターでも、時には撮影をしなければいけない・・・

こんにちは、へっぽこライターのみちだあこと申す。
ライターというと「書くだけ」というイメージがおありだろう。
中には本当に書くだけのライターもいるかもしれない。

が!ライターといえども取材をして撮影しなければならないときがある。

みちだは残念ながらコンデジしか持っていなかった。
「こ、コンパクトデジタルカメラ略してコンデジでもいいの?」
と先輩ライターに訊いたら、生ぬるい笑顔を返されたので、コンデジじゃあダメだと気づいた。

なぜ、コンデジじゃあダメなのか、ご紹介する。

コンデジを鞄から出されたときにインタビューイはどう思うか

紙の雑誌や本ならば、一眼レフカメラで撮影することは、当たり前になっている。

それは紙に印刷するときには、少しでも画質の良いものを使用しないといけないからだ。
なぜなら、画質が悪いというのは、ノイズがたくさん入っていたり、色が鮮明でなかったりする。
紙に印刷した画像は、そのノイズが目立ち、色が悪いと印象が落ちる。
※特に食べ物の写真の色が悪いと、不味そうに見えたりするので注意

Web上の画像はカメラの性能の差がわかりづらい

しかし、Webブラウザで見る分には、多少画質が落ちても、そこまでノイズは気にならない。
なにより、Webは読者が使用しているディスプレイによって、ノイズや色が変化するのでこだわりすぎても意味がなかったりする。
※ECショップなどでは色味を大事にするが、環境の違いで色が違うことを明記することがある

よって、スマホとコンデジと一眼レフで撮影したものを比べても、あまり大差がないこともある。
※撮影方法によってはかなり差が出ることもあるが、あくまで初心者では差が出にくい
※ここを読んでいるライターは、おそらく初心者ライターがほとんどだろうから差が出ないと書いたが、極めると全然違う
※ぶっちゃけPhotoshopでなんとかなる場合もある

崖っぷちりらっくま01
canon EOS kiss X2
一眼レフだと少ない光量でも色鮮やかになるのが利点。
扱いは難しいが、思い通りの写真が撮れることが魅力。

崖っぷちりらっくま02
canon IXY DIGITAL 20IS
さすがに10年前のコンデジだと限界があった。
ISO1600にするとさすがのWeb画面でもノイズが酷い。
最新のコンデジなら、もっと綺麗なはず。
誰か実験して

崖っぷちりらっくま03
iPhone 5S
iPhoneの弱点はボケが作れないことだが綺麗に写る。
ボケはあとからアプリで作ることができる。

崖っぷちりらっくま04
iPhone 6
5Sとの違いがよくわからない
iPhoneの利点はアプリで楽ちん編集や加工ができるところ

スポンサーリンク

気にするのは画質より取材先へのイメージ

じゃあ、余計にコンデジでもいいじゃん。

と思ってしまうが、ちょっと待ってほしい。
たしかに画質のことだけを考えると、スマホやコンデジでも十分だろう。

しかし、取材先ではどうだろうか。

たとえば、インタビューイが取材に慣れている人だとしよう。
今日はライターが取材にやってくる、とわざわざ忙しい中を1、2時間ぐらい時間をとってくれている。
いつもベテランか手慣れたライターが取材にくるときは、一眼レフカメラで撮影する。と、思い込んでいる。
いつものようにインタビューを終えて、さあ撮影となったとき・・・

「では、次にお写真を何枚かいただけますか」

と、ライターが鞄から取り出したものがスマホやコンデジだと、正直がっかりするのではないか。
がっかりならまだいい、驚くかもしれない。
いや、下手すると怒り出すかもしれない。
※怒られたライターはまだ見たことないが

プロのカメラマンでも、たまにセカンドとしてコンデジやミラーレス一眼を持っているが、あくまでメインカメラの一眼レフが現場で壊れてしまい緊急時に使用するために持っているというのだ。
やはり、撮影しますよと言ってコンデジやスマホを取り出すのは、相手によっては失礼にあたる。
※もちろん、コンデジやスマホでも笑顔でいいですよーと言ってくれる人もいるが

なにごともハッタリは必要だ。
別にキャノンのEOS 6Dや7Dを買ってこいや!と言っているのではない。
せめて、お手軽価格でもいいから一眼レフカメラぐらいは持って行きたいところだ。

どんなカメラだったらいいんだよ教えろよへっぽこライターよぉ

取材先にドヤ顔で持っていけるのは、キャノンやニコンの一眼レフだろう。
いわゆる中堅レベルと言われるハイエンド機というやつだ。
お値段は、まあ、そこそこする。
※レンズセットで20万~40万かな・・・ははは。

普通の取材なら、初心者向けのエントリー機でも十分いける。
みちだはPENTAXのK-S1でも、怒られなかった。
※カメラマンじゃなく、ライターだから許されたのかもしれないが

いろんなライターにカメラについて訊いてみたが、様々なカメラを持っている。
FUJIFILMもあれば、SONYもあった。もちろんPENTAXユーザーも存在した。
※やっぱり多いのはキャノンさんだったが。
※ちなみにプロカメラマンもキャノン率高い気がする。

どうしても一眼レフカメラが手に入らなかったら・・・

とはいっても、エントリー機でも安くて7万ぐらいはする。
はいじゃあ買いましょうと、ポーンと買える値段じゃない。

とりあえず、3万ぐらいのミラーレス一眼カメラを購入してもいい。
なんなら、手持ちのコンデジでもいい。
そして、撮影時には

「メインのカメラの調子が悪くて、本日はこっちで撮影します」

と断っておくといい。

ぶっちゃけ、Webに掲載したときに、綺麗に撮影できていたらオールオッケ。
ただ、これからライターで食べていくなら、ひとつぐらいは持っていたほうが何かと困らないと思う。

みちだも新しいカメラが欲しいのであるが、カメラ貯金をしなけらばならぬ。

※ライターのみなさんは、どんなカメラを使っているのか教えてくれるとありがたい

スポンサーリンク

Pocket

The following two tabs change content below.
みちだあこ

みちだあこ

シングルマザーでフリーのライター・編集者しています。 これからの目標は「取材件数を増やすこと」。取材してもいいよって方はお問い合わせからお知らせください。オカルト大好き。
Webライティングカメラライティング仕事

みちだあこ みちだあこ • 2015年8月30日


Previous Post

Next Post

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>